TAG ねこねこブックレビュー

カルチャー

ねこねこブックレビュー【11】『猫がうれしくなる部屋づくり、家づくり』廣瀬慶二/プレジデント社

一級建築士である著者が、ねこにとって快適な、ねこが喜ぶ家づくりを考える。その理論と実例集。なんで今までこういう本がなかったんだろう。目から鱗の一冊。 「建築家が本気で考えた」と表紙にある。どれくらい「本気」なのかだが、こ…

カルチャー

ねこねこブックレビュー【09】『なぜ、猫とつきあうのか』吉本隆明 / 講談社学術文庫

愛猫家にとって、およそこれ以上の愚問は考えられない。「なぜ、猫とつきあうのか」。好きだから、かわいいからに決まっているというか、ねこを飼う、ねこと住むことに一体それ以上の理由があるのか?必要なのか? そう、この世紀の「愚…

カルチャー

ねこねこブックレビュー【08】『ねことわたしの防災ハンドブック』ねこの防災を考える会/ パルコ出版

今後30年間で60%~70%の確率で発生するといわれている南海トラフ大地震。自分のためには、たいした備えもしていない人も、愛猫のこととなると「話は別!」って人、多いんじゃない? 『ねことわたしの防災ハンドブック』はねこを…

カルチャー

ねこねこブックレビュー【07】『猫とニッポン人と8つの物語』北見明子(著)北嶋廣敏(監修) / 主婦の友社

歴史上の著名な「ニッポン人」8名と猫について、フィクションを織り交ぜながら紹介したねこコミック。「猫の手も借りました」とのコピーから、「小難しくとっつきにくい歴史の話に興味を持ってもらうため、無理矢理ねこを絡めてコミック…

カルチャー

ねこねこブックレビュー【06】『ねことばじてん』かしわらあきお / 主婦の友社

ねこ本の一つの特徴として「ねこだけでそこまでやるか」がある。 通常、ワンテーマだけで押し切れ、それで本を書けと言われたら、書くほうは結構きっついと思うのだけど、ねこ本の場合、著者は「ねこ」というワンテーマだけで、苦もなく…

カルチャー

ねこねこブックレビュー【04】『猫がよろこぶインテリア』ヤノミサエ / 辰巳出版

猫がよろこぶインテリア。これが本書のタイトルだけど、内容は帯コメントのほうが的確だと思う。「猫がいるから部屋がキレイになるのは本当だった!?」。ねこを喜ばす、というより(それは当然すぎてあえて話題にするまでもない大前提)…