神様になった阿波ねこの悲しい物語。

10000匹のねこと会える!

そんな、ねこ好きにとっては夢、いや、天国そのものの神社が、徳島にあるらしい。そんな噂を聞きつけた、ほにゃけん編集部。

徳島県阿南市にある、
ねこだらけ神社「お松大権現」に行ってきました。


お松大権現が、なぜねこ神様や勝利の神様として親しまれているのか……その謎に迫ります!!

ほにゃけん編集部「ねこを祀った神社は全国的にも大変珍しいのではないでしょうか。そもそもねこを祀っている、その理由、お松大権現のご由緒を聞かせていただけますか」

阿瀬川さん「お松大権現の由緒は、そもそも江戸時代まで遡ります。当地の庄屋であった5代目、惣兵衛の妻“お松さん”と、その愛猫“三毛”を弔うために建てられた祠がはじまりですね。その後、明治時代になってから、神社となりました。
江戸時代、この地方一帯で、農作物の不作が続いたそうです……。庄屋の惣兵衛は加茂村を救うため、自分の土地を担保に、富豪の野上三左衛門に借金をします。返済日が近づいたある日、三左衛門にお金を返済するのですが、三左衛門は通りがかりだったため、証文(借金に関する証拠の文書)を持ち合わせておらず、その場で受け取っておりませんでした。
しかし、間もなく惣兵衛は病死してしまいます……。惣兵衛の死後、惣兵衛の妻、お松さんは三左衛門に証文を請求しますが渡してもらえず、それどころか、お金をもらっていないと偽られ、担保の土地まで横領されてしまいます……。」

ほにゃけん編集部「ひどい……。」

阿瀬川さん「それだけではありません……。悩んだ末……お松さんは奉行所に申し出ますが、要求を聞き入れてくれないどころか、容姿の美しいお松さんに、奉行は言い寄る始末。お松さんが相手にしないことに腹を立てた奉行は、こっそり三左衛門から賄賂を受け取っていたこともあり、非理非道な裁きを下します。お松さんは死を決して直訴を実行するんですね。」

ほにゃけん編集部「直訴って、当時は大罪ですよね……。」

阿瀬川さん「江戸時代は身分社会ですから。町民や農民が奉行所を飛び越えて上役に直接訴え出ることは一切許されていません。その結果、お松さんは死罪となってしまいます。」

ほにゃけん編集部「そんな。お松さんは何も悪いことしていないのに……。」

阿瀬川さん「死罪となったお松さん。その恨みを晴らすため、お松さんの愛猫の三毛は、お松さんを苦しめた三左衛門や奉行の家に化けねことなって現れ、両家を断絶させたといわれています。」

ほにゃけん編集部「このお松の話は、日本三大怪猫伝に数えられているんですよね。」

阿瀬川さん「怪談話ではあるのですが、私財を投げ打ってまで庶民を救おうとした惣兵衛、死を賭してまで、正義を貫いたお松。庶民の間で密かに政治に反抗する気持ちが、この事件以来、“加茂の後家さん” “猫神さん”という信仰の形でとなって、現在まで語り継がれてきました。」

ほにゃけん編集部「死後、すぐに祠が建てられたんですよね。」
昭和初期まで、ここにひっそりと祠があった。

阿瀬川さん「ただ、江戸時代に、直訴は大罪です。罪人を公に祀ることはできませんから、静かに、目立たぬ形で祀られてきました。それが昭和時代、言論や思想の自由が認められ、密かに語り継がれたお松さんを“義理大権現(正しい筋道の神様)”“お松大権現”として公にまつるようになったんです。」

お松さんと同じ時代からこの地を見守るイヌマキ。

お松さん供養のために庶民が植えたのではといわれ、樹齢300年以上の阿南市教育委員会指定の天然記念物のイヌマキ。

阿瀬川さん「それ以来、受験の合格祈願、賭け事や選挙の必勝祈願など参拝者がどんどん増えいます。たくさんの招きねこが奉納されるようになり、1万体の招きねこを奉る、現在の姿に発展したんです。」

お松さんが祀られる本殿には、お松さんの物語を伝えるうたがかかっている。

ねこ、ねこ、ねこだらけ……見所だらけのお松大権現!
編集部一同、お腹いっぱいです!

御守所のすぐ隣には、地元の特産品や新鮮野菜を扱う産直コーナーがあって、お土産を買って帰れるのも嬉しい〜。

あ、最後は徒歩5分の加茂谷郵便局で、“お松さんと三毛の風景印”を押してもらうのをお忘れなく!全国にある郵便局のうち、9局にしかない、ねこにまつわる風景印の一つをここで!

お松大権現(おまつだいごんげん)

電  話 0884-25-0556
住  所 徳島県阿南市加茂町不け64-1
アクセス 徳島市内から車で約30分

加茂谷郵便局(かもたにゆうびんきょく)

電  話 0884-25-0050
住  所 徳島県阿南市加茂町不け105
アクセス お松大権現から徒歩で約5分


ABOUTこの記事をかいた人

ほにゃけん

ねこ大好きにゃん集部
ねこのことならなんでも、ゆるーく、ふわーっと追いかけます。ねこ情報、ねこのいるところならどこへでも。ねこにとって、ねこ好きにとって、より心地よい徳島を目指して活動中にゃ〜。