不動産のプロに聞く! 「ねこと暮らせる部屋」の探し方

ねこと暮らしたい! そう思っても、その願いが叶わない人は少なくありません。大きな理由の1つが住宅事情。いくらねこは「散歩しなくてよい」「静かでおとなしい」「飼いやすい」と言っても、ペット可物件となるとなかなか見つからない、割高になる……。結局「飼いたいけど飼えない」で諦めているねこ好きも多いのではないでしょうか。

そこで今回、ほにゃけん編集部が不動産のプロに直接取材。ねこと暮らせる物件の探し方、探すときの注意点、おすすめ物件ベスト3など、「ねこと暮らす部屋」探しについて、じっくりお話を伺いました。

取材に応じてくださったのは、北島町にある株式会社賃貸住宅サービス、営業部の渡辺将利さん。渡辺さんはご自身もペルシャ猫を飼われている愛猫家とのことで、いつものように「ねこ好きトーク」から取材はスタート。…….したのですが、写真の通り。いつのまにか、ねこと暮らせる家相談に(笑)。

取材のはずが、お部屋探しの相談をしていただく流れに。うう…..ねこと暮らせる家に早く引っ越したい!

Q:ペット可物件は見つけにくい? 割高になる?

ほにゃけん編集部: 「ねこと住みたい」というご相談は多いんですか?

渡辺さん:  急増していますね。今までであれば、1人で暮らしたい、ご家族で暮らしたい。どちらかでしたが、最近は「ねこと暮らしたい」「ペットと暮らしたい」という人は非常に多いです。そもそも一昔前であれば、ペット可物件はほとんどありませんでした。それが少子化などの時代の流れとともに、ここ10年で物件自体がかなり増えていますね。

ほにゃけん編集部: ペット可物件となると割高になったり、条件が悪くなるイメージがあるのですが……。

渡辺さん: 10年前まではそうだったと思います。ペットを飼う=部屋が汚くなる、ボロボロになる。そう考える大家さんも多かったんです。しかし、近頃はそうした傾向はなくなってきました。むしろ「どうぞどうぞ」と。「ペット可」どころか逆にウェルカムという物件が増えていますね。おっしゃっているような、いわゆる割高感も全然ない。通常の物件と同じです。

Q:ねこと暮らせる部屋、探し方のコツは?

ほにゃけん編集部: ズバリねこと暮らせる部屋、探し方のコツはありますか?

渡辺さん: 今は、不動産探しはネット、ポータルサイトからが主流です。SUUMOやat homeなどの賃貸ポータル「ペット可」にチェックを入れて探していただくだけでOKです。サイトに登録されているものはすべて出てくる仕様になっていますので、この頃は非常に探しやすくなっていますね。

ほにゃけん編集部: ポータルサイトに登録がない「隠れ物件」「ここだけ物件」はありますか?

渡辺さん: あります。1つには、ポータルサイトへの登録には若干ですが時間差がありますから、最新の物件で登録が済んでないものもあるかもしれません。また、ポータルサイトへの登録は料金が必要ですし、ご縁を大切にするような大家様でしたら、不動産屋に来店された方だけに物件を見せてほしいという大家さんもいらっしゃいます。

ほにゃけん編集部: 不動産屋ごとに持っている物件は異なるんですよね。

渡辺さん: そうですね。なので、すべての不動産屋を回られるお客様もいらっしゃいます。ただ、この頃はほぼ9割がポータルサイトに出ていますね。ポータルサイトではこだわりの検索機能が豊富についていますから、そこで探しつくすのが一番効率がよいと思います。

Q:近隣住民とのトラブルを避ける方法は?

ほにゃけん編集部: ペット可物件が増えているということですが、たとえそうした物件であっても、入居してトラブルはないんでしょうか。

渡辺さん: これも最近はほとんどなくなってきています。一昔前であれば、ペット可物件というのは極端な話「誰も入ってくれない」ような物件であることが多かったんです。入居者がなかなかいないので条件を緩和したと。そうすると、以前から住んでいる周囲の住民からすれば「自分たちのときはペット不可だったじゃないか」「ペット不可だと聞いて住んでいたのに、後から来て環境を汚された」ということになる。そうしたトラブルが多かったですね。ところが、最近は建物を建てたときから「ペット可」を打ち出した物件がメイン、つまり住人はそこがペット可であることを納得した上で住んでいますから、クレームはあまりないですね。

ほにゃけん編集部: となると、最初から「ペット可物件」ということで合意がとれているアパートなり、マンションを選ばれるほうが近隣住民とのトラブルも少なく、無難、ということですね。

渡辺さん: そういうことです。

Q:入居までにすべきこと、必要な準備は?

ほにゃけん編集部: 入居先が決まり、いざ住むまでに準備しておいたほうがいいことはありますか。

渡辺さん: 特にありませんが、当然のことながら、飼い主としてのマナー、モラルは必要です。ねこの場合は基本家飼いだと思いますが、外で飼う、ペットのフンの始末をしないなど、飼い主としてのモラルがない方は問題外。物件として「ペット可」かどうか以前の話です。また、ねこではあまりないかとは思うのですが、普段はよくても、飼い主さんが外出されると淋しくて1人で留守番が難しい子もいます。お部屋を選ばれる際には、ご面倒ではございますが、実際に一度足を運んで、周囲の雰囲気は見ていただいたほうがよいと思います。

Q:お部屋探しで迷ったら? イメージ通りの部屋が見つからないときは?

ほにゃけん編集部: お話をお聞きするまでは「ねこ可物件は少ない」「ほとんどない「割高」というイメージがあったのですが、現在ではそういうことはないんですね。

渡辺さん: ないですね。少子化や大家様の世代交代など、様々な事情が作用しているのでしょうが、変化は早かったですね。既に常識は完全に変わっています。

ほにゃけん編集部: 私がそうなんですが、優柔不断な性格で……。部屋探しで迷ったとき、イメージ通りの部屋が見つからないときはどうしたらいいでしょうか。

渡辺さん: ご遠慮なくご相談ください。先ほども申し上げたように、ポータルサイトに出ている物件がほぼ9割。ただ、物件を探すときには、ご自身である程度検索条件を絞っていますよね。真剣に考えすぎて1人では見えにくくなっている可能性もあります。「もう少しだけ家賃を変えてみたら?」「エリアを1つ隣にずらしてみたら?」。少し発想を変えた結果、イメージに近い部屋が見つかることも結構あります。我々のような地元の不動産屋は融通や小回りも利きやすい。条件などについてもご相談いただければ、できるかぎりのことをさせていただきます。

「ねこと暮らす部屋」おすすめベスト3

賃貸住宅サービスさんによると、ねこと暮らせる部屋も現在では増えているし、割高感やランクダウン感もないとのこと。では、実際にはどんな部屋があるのか。渡辺さんにおすすめ物件を3つ選んでいただきました。(2017年10月現在)

今回選んでいただいたのはこの3件。徳島市内八万エリアと、北島町の2件。どれも比較的新しい物件。

北島町 メゾンb

まずはこちら。北島中学校のすぐ近く、メゾンbさん。

渡辺さん: 2008年築なのでまだ10年経っていない新しい物件です。洋室8畳の1DKという、オーソドックスな間取りが、ねことの2人暮らしには使いやすいと思います。最初からペットと住んでいただくことを前提にしているので、クッションフロアやクロスもダメージを受けにくいものを使用しています。ですから、万が一、ねこちゃんが壁を引っかいてしまった、床に粗相をしてしまった、というときでも安心です。

ほにゃけん編集部: キッチンとの区切りは引き戸になっているので、スペースも有効活用しやすいですし、ねこちゃんでもドアを開けてお手洗いにいったりしやすいですね。

北島町 グランヴェール

渡辺さん: こちらのグランヴェールさんも2008年築でまだ10年経っていない新しい物件。北島中央公園まで徒歩6分でアクセスもよく、コンクリートの外観や大きな窓など、デザイン性が高いのが特徴ですね。A棟、B棟、C棟で対象としている家族が異なっており、それに合わせて間取りも違うという、こだわりようで人気も高いです。今回ご案内させていただくのはC棟2LDKタイプ。時期によって空いている部屋が異なると思いますので、詳細はお問い合わせください。

ほにゃけん編集部: 16畳以上のゆったり広々としたLDKのほかに、和室、洋室がそれぞれ6畳以上。収納も豊富で、これはねこちゃん、お子さん、ご家族で住んでいただくのにピッタリですね。

徳島市 WILL G八万

渡辺さん: 最後にご紹介するのは市内八万町エリアのWILL G八万さん。オートロックの1LDKで、日当たりもアクセスもよく、とても使いやすいと思います。

ほにゃけん編集部: とこどころにテーブルやカウンターがあって、ねこちゃんの運動にもいいですね。ねこと暮らすイメージが浮かびます。

渡辺さん: それもあって、ねこ好きの方にも人気の物件です。

いかがでしたか? 賃貸住宅サービスさんに「ねこと暮らす部屋の見つけ方」「おすすめねこ可物件3選」お聞きしました。1人でも多くのねこ好きに、ねこちゃんとの素敵な暮らし、素敵な部屋が見つかりますように。

株式会社賃貸住宅サービス

電 話 088-698-0101
住 所 徳島県板野郡北島町鯛浜字西ノ須64-11
定休日  水曜・祝日
ウェブサイト http://t-chintai.com


ABOUTこの記事をかいた人

ほにゃけん編集部

ねこ大好きにゃん集部
ねこのことならなんでも、ゆるーく、ふわーっと追いかけます。ねこ情報、ねこのいるところならどこへでも。ねこにとって、ねこ好きにとって、より心地よい徳島を目指して活動中にゃ〜。