県南の海沿いの町、ねこたちが暮らす町

ほにゃけんをご覧のみなさま、こんにちは。
徳島県の右下、海沿いの町出身のめいです。

のんびり続いてきたわたしの連載も、今回が最後になりました。

海沿いの町の、いろんなねこたち。

わたしの地元の町で出会ったいろんな性格のねこちゃんたちを、一挙ご紹介しちゃいます。出し惜しみしていたかわいい写真をお楽しみあれ。

港で最初に出会ったこの子たちは、ごはんをくれるおっちゃんのことが大好き。

おっちゃんになら、近寄られても触られても気にしません。初めて見るわたしのことは警戒しているよう。近寄ったらすーっと離れていきます。。。

その中のひとり、今年の春生まれたこの女の子は元気いっぱい。



飛んだり跳ねたり、お兄さんたちにじゃれついたり。
犬にだって向かっていって威嚇します。


反対に、こっちの子ねこちゃんはのんびり屋。
ごはんを食べたらいつの間にかいない。犬にも全く動じません。犬、びびってます。

こっちのふたりはいつも一緒。
鱧縄漁用の大きな漁船が並んでいる場所の前がお気に入りです。やっぱりごはんをくれるおっちゃんが呼べばやってくるけれど、わたしからは逃げていきます。よく眠る子たちです。

素敵な毛並みのこっちのふたりも、シンクロしちゃうくらい仲良し。

キョロ。

古参のシロとクロ。どっちも通称で、人によって呼び方が違っています。
人のそばで長く暮らせば慣れもするようで、すり寄ってきてくれます。近すぎてなかなか写真が撮れない。

この子猫ちゃんたちは警戒心のかたまり。物音がしなくても、人の気配を察知すると隠れてしまいます。センサーでもあるのかというくらい敏感。

そっと見守りましょう。見れるものなら。

こっちの誰かさんは水分補給中。
なんか変な恰好だけど、一生懸命だから応援してあげましょう。

見目麗しい親子たちはマイペース。
お昼寝姿が無防備なのは遺伝ですか?

去年までに生まれた子たちはすっかり大きく立派になりましたが、今年も新しいきょうだいたちが仲間入りしています。受け継がれるかわいさ。

珍しい立派なカメラに興味津々。ぞろぞろ。
お母さんと子どもふたりですが、見分けはつきません。

好奇心旺盛なのも遺伝だなコリャ。

こんな幸せな光景も見られるかも。うにゃん。

港の外でもいろんなねこたちが見られるよ。

なんだかちびくろサンボのバターになっちゃうトラを思い出す。

一旦逃げてもずっとこっち見てるよね、ねこって。ついつい深追いしちゃう。

もっと港のねこを堪能したいあなたに朗報です!

いろんなねこを紹介してきましたが、わたしの写真では伝わりきらないこともたくさん。

写真家の米津光(よねづ・あきら)さんが撮影してくださったねこたちの姿が、ギャラリーで公開されています。今は第一弾ですが、どんどん公開予定。きらきらしてて、とっても素敵だからぜひご確認ください。

米津光さんのギャラリー
〜光の中の阿波ねこたち〜

最後までお付き合いくださりありがとうございました。またいつか、どこかで。

良いねこライフを!


ABOUTこの記事をかいた人

めい

ライター
徳島県の右下、海沿いの町出身、ねことねこ科の動物が大好きな駆け出しのライター。海のそばで15年間、山の中で3年間暮らしました。昔我が家で飼っていたねこが世界一かわいくて賢いと思っています。