ねこねこフェスティバル レポート第6弾【NARUTO総合型スポーツクラブ】

人と人の縁をつなぐ場♪NARUTO総合型スポーツクラブ 山本さん&俳優和田一詩さん

続いてはお子さんたちと一緒にミュージカルでイベントを大いに盛り上げてくださったNARUTO総合型スポーツクラブ 山本さんとミュージカルの脚本や演出をされた俳優和田一詩さんです。
NARUTO総合型スポーツクラブさんは「いつでも」「どこでも」「だれでも」参加できる場所づくり
を目指して、フラダンスやバトミントンなどのスポーツだけでなく、英会話や石ころアートなど様々なプログラムがあるのがとっても魅力的でした。なかでもヒップホップダンス教室は人気のようで、今回はそのダンス教室の生徒さんも一緒にミュージカルに挑戦してくださったそうです。

ねこと人の共存をテーマにしたミュージカル

さてさて今回は和田さんオリジナルのミュージカルを披露してくださいましたが、このミュージカルは空き地のリゾート開発で住処を失いそうなねこたちと、私たち人間の物語。人とねこ、それぞれの思いが交錯するなかで、お互いが仲良くやっていくためには何が必要なのかということを訴えかけている作品です。脚本を手掛けた和田さんは「種族や性別は違っても、心と心でつながれば幸せが訪れる」ということを作品を通して皆さんにお伝えすることができれば・・・という思いで演出してくださったとのことでした。作品も非常に共感できるだけでなく、やはり出演者のお子様方の愛らしい姿と手作りの衣装にメロメロでした♡そしてミュージカル教室の生徒さんとのことでキレのあるダンス、とっても素敵でした。
山本さんによると、これからスポーツとミュージカルの融合した作品や、ミュージカル教室も開催していきたいというお話も聞けました。もしかしたらねこねこミュージカルの続編を見ることもできるかも!?今後に期待ですね♡

(左)山本さん(右)俳優で脚本や演出をしてくださった和田一詩さん


ABOUTこの記事をかいた人

あきもん

徳島県出身。助産師であり、子育てカウンセラーでもある子育て支援の専門家。 その一方でISD個性心理学を応用した個性診断やカウンセリング・セミナーを開催。 平成30年5月よりPêche(ペッシェ)を開業し、その巧みな話術で人気の講師。