今週のねこいニュース ねこに関するライフハックからねこの涙の物語まで

すごく野暮なこと言います。ねこってかわいいですよね……。

「あれ? なんかあそこにいるのかわいいな」と思ったとき、大体ねこですもんね。

今回も例に漏れず、ねこ好きさんたちのためのねこ一色な記事を4つ紹介します。

 

近所のねこ好きさんにねこを預かってもらえるサービス

まずはこちら。とても画期的なサービスです。

http://jp.techcrunch.com/2018/02/22/nyathcing/
大切なねこさん、でも、ねこだから旅行にも連れていけないし、「預ける」と言っても誰でもいいわけでもない……。でも、預かってもらえる相手が猫好きなら安心ですよね。友達申請を『マーキング』と呼んでいるのが画期的!

異彩を放つ『ねこマンガ』がtwitterで話題

ツイッターでファン急増中の猫漫画『俺、つしま。』の書籍化が決定! リアルなイラストで描かれる保護猫たちとのエピソードが笑って泣けます

近年、巷に溢れるねこマンガ。SNSなど、インターネットを通じてブレイクしたものも少なくありません『俺、つしま』もそのひとつ。リアルでありながら、オフビートな描写がねこの”ふてぶてしさ”を見事に表現していて、ねこが時折見せるポージングの可愛さをあらためて感じさせてくれます。

Webでも読めるのかもしれないけれど、紙の本になるとまた、ねこ漫画って愛着が湧くんですよねー。書籍化も決まって、ますます今後が楽しみなマンガです!

 

ねこにGPSを!?涙なしに読めない感動の実話

http://music-book.jp/book/news/column/176849

ねこに限らず、愛ゆえにしてしまう失敗や後悔は多いと思います。でも同時に、愛することの大切さ、美しさを改めて考えさせてくれるお話。

ねこ本って写真もかわいいんですけど、イラストも著者の個性や愛猫に対する思いが滲み出ててたまらないんですよね。ねこはどこで何をしてるかわからない。人間相手にやってしまうと、ストーキングで、これはやっちゃダメ!なわけですが、ねこ相手なら許される? 思わず、うちんくのねこも追跡調査してみたくなり……。

 

列車もバスも駅舎も全部ねこ!?

http://toyokeizai.net/articles/-/209607

近年の猫ブームによって一層高まったねこ人気。列車だけでも多種多様なねこ列車(『ねこ型』としてドラえもん電車まで!)があります。今の大人たちがかつて夢見ていた『ねこバス』に乗ることも夢どころか、今は現実。できたらいいなができるのです。つ、つ、次はねこ飛行機、ねこリニアモータカー、ねこンビニあたりを実現してください! って、もうあったりするのかな。

 

最初にご紹介した、ご近所のねこ好きさんに愛猫を預けることのできるサービスは本当に驚きました。これって、UberやAirbnbに「ねこ」を絡ませるだけで、いろんなサービスが考えられるってことですよね。ねこがきっかけで、人同士、地域で新たなコミュニケーションが生まれそう。あ、さっきから、うちのねこがうるさいので、ごはんをやってきます。今週はこの辺で失礼!