愛猫は黒猫。ねこ好きマスターとけむりもくもく。徳島初のシーシャカフェ 白(ハク)

みなさん「シーシャ」ってご存知でしょうか。

シーシャとは中東発祥の水タバコのこと。ボウルと言われる容れ物。そこに、タバコの葉を煮詰めてニコチンやタールを落とし、香料や天然素材などで香りづけしたフレーバーを入れ、これを炭で加熱し、フィルターがわりに水を通して吸うタバコです。

イチゴやライム、ミントにチョコレートなど、フレーバーの香りは様々。アメリカをはじめとした海外で大流行しており、現在、都内では数百店ものシーシャカフェ、シーシャバーが乱立するほど流行っているのだとか。

そんなシーシャですが、昨年夏、ついに徳島初となる専門店がオープンしました。その名もshishacafe 白haku。と、このお店が、実はねこ好きにはたまらない、ねこスポットでもあるのです。

ご覧の通り、入り口のガラス戸には大きなねこが。店内にもあちこち、いたるところに、ねこアイテムが散らばってます。

やはり大のねこ好きという、店長の高橋侑希さんと加守真実さんにお話をお聞きしました。

店長、シーシャとねこに出会う

———シーシャカフェを始めようと思ったきっかけ、高橋さんはシーシャとどこで出会ったんですか?

高橋侑希さん(以下敬称略): 窪塚洋介さんの旅行記を読んでたら出てきたんです。窪塚さんが旅のあちこちでシーシャを気持ち良さそうに吸ってる(笑)。それで自分でやってみたいと思って。ちょうど2、3年前くらいに道具を買ってきて、吸いはじめました。徳島ではお店がなかったし。それに何も知らないのに店に入りにくかった(笑)。その後、大阪のお店にも行ってみたら、もう自分でつくる味と全然違う(笑)。これは人によって味がまったく変わるんだって知ったんですね。それでたくさん練習して。徳島でもぜひこの楽しさを広めたいと思って、半年前にお店をスタートさせました。

———確かに初めてだとシーシャカフェって入りにくいですよね。白さんに来られるお客様ははじめて来られるという方が多いんですか?

高橋: はじめての方も多いですね。もちろん常連さんもいらっしゃいます。ぼく自身が最初シーシャカルチャーに入っていきにくかったこともあり、はじめての人でも親しみやすいよう、お店も入り口から中が見えるようになっているし、店内も明るくしています。

早速、高橋さん、加守さんに本日おすすめのフレーバーを出していただきました。本日のフレーバーはフマリというメーカーのスイートミントとシトラスティー。

フッカーと呼ばれる、シーシャをいれるための道具。パイプを吸うと、トップにあるフレーバーがあたためられ、水を通過してクリアな煙を味わうことができる。

煙で顔が見えなくなっちゃってますが……。おいしい! 「通常のフィルタータバコほどきつくなく、フレーバーの種類も豊富なので、普段タバコ吸わない人でも楽しい」とは同行者の弁。

おいしいけむりも吸ってリラックスしたところで、おもむろにねこの話を振ってみると…….。

———店内にはあちこちにねこグッズが並べられているのですが、高橋さんも加守さんもねこが……

高橋・加守: 大好きです!!!!

———あ、声そろった(笑)。やっぱり。ねこ、飼ってらっしゃるんですか?

高橋: 生後一週間くらいの子猫、もう大きさはハムスターくらいのを道で拾ったんです。やっぱねこって、犬と違った独特の体のやわらかさがあるじゃないですか。もう、それが本当にたまらなくて…..。えっと、あ、えー、写真見ます? 見てもらっていいですか!?

と聞くがはやいか、早速手元のスマホから、愛猫の写真を探す高橋さん。かなりのねこ好きと見た!

俄然会話が弾み始めました(笑)。

高橋: うちの黒猫のトビオです!

加守: 「トンちゃん」って呼んでます!

———かわいい……。って、え? でも、黒猫なんですか? 店の名前は「白(ハク)」ですよね?

高橋: あ、いえ、はい(笑)。お店の名前「白」は、店内がシーシャの煙で真っ白になるという意味でつけました。すみません、そこは白猫ですよね(笑)。

白なのに黒猫! でも、トビオくん、めっちゃかわいい!!

———お二人ともねこ好き、それで店内にねこアイテムがズラリと並んでるわけですね。

店内入ってすぐは、トビオくんと同じ黒猫です。

ねことシーシャは相性悪し!

高橋: ねこもお店に連れてきたいんですけどね……。

———ダメなんですか?

高橋: もちろん営業上も問題あるんですけど、ねこって好奇心旺盛じゃないですか。シーシャがあると、ねこパンチでこう…..倒すんですよね……。

———え! そりゃ危ないですね……。

高橋: 一度家でシーシャを吸っていたら、トビオが来て、手でガタンってシーシャをひっくり返したことがあって。炭が入っていたので、絨毯が焦げちゃったこともありました。一緒に楽しめたらいいんですけどね。

———でも、お店にはぜひねこ好きの人にたくさん来てもらいたいですね。

高橋: そうですね。道具さえ揃えれば、家でもシーシャは楽しめます。ただ、いれ方で味がまったく違いますし、それにねこを飼われている人だと家だと危ないので、なかなかたしなみにくい。ねこ好きのかたにはぜひお店に来てほしいですね。

加守: ねこ好きの方がいらっしゃる際には、ぜひご自宅のねこちゃん、自慢の一枚をお見せください。飼ってるねこの写真、見せ合いっこしましょう(笑)!

高橋: シーシャだけでなく、ねこの話もできるので(笑)ぜひお越しください。

———本日はありがとうございました。

shishacafe 白haku

営業時間 19:00-24:00(日曜日のみ16:00-24:00)不定休
住  所 徳島市銀座13-3銀座ビル1F
アクセス 徳島駅前から徒歩10分
Twitter https://twitter.com/ShishacafeH
shisha ¥1500〜 order 1drink(¥300〜)


ABOUTこの記事をかいた人

ほにゃけん編集部

ねこ大好きにゃん集部
ねこのことならなんでも、ゆるーく、ふわーっと追いかけます。ねこ情報、ねこのいるところならどこへでも。ねこにとって、ねこ好きにとって、より心地よい徳島を目指して活動中にゃ〜。