鳴門市長 泉理彦さん×銀次郎・ジークフリード・金次郎〜7匹のねこと暮らす

今回から徳島県在住の愛猫家にインタビューする新コーナーが始まります。第1回は鳴門市長の泉理彦(みちひこ)さん。鳴門市のホームページに記された市長のプロフィールにも「趣味:猫の飼育」と書かれていて、鳴門市大麻町の文化展にもご自身が飼っていらっしゃるねこたちの写真を出展。最近、ねこカフェデビューも果たし、岩合さんの『世界ネコ歩き』は毎回DVDに録画するという、自他ともに認める大のねこ好き!そんな泉市長に、ねこたちと暮らす悲喜こもごもについてうかがいました!

趣味は猫の飼育!?
ねこが好きすぎる泉市長

鳴門市大麻町の文化展には愛猫の写真を出展。今回、掲載させていただいているねこの写真は、市長が撮影されたもの!

―――泉市長のお宅では何匹、ねこを飼っていらっしゃるんですか?

泉市長: 自宅で1匹、事務所に2匹、保護しているのが4匹。その4匹は朝出してやったら夜に勝手に帰ってくる出入り自由なねこ。それぞれ怪我をしていたり、いじめられていたりしたので、病院へ連れて行って、手術したり……。医療費、控除してくれんかな~(笑)。

―――7匹も!?すごい!!ねこちゃんたちの名前を教えていただけますか?

ジークフリード。泉市長の愛読書『銀河英雄伝説』の登場人物にちなんで命名。気弱でかなり人見知りだそう。

泉市長: 自宅にいるのが銀次郎、事務所にいるのがジークフリードと金次郎。

金次郎。好物はヨーグルト。

泉市長: 金次郎は予算の査定をしていて、毎晩帰りが遅かった時期に3日連続で玄関の前におったんですよ。4日目に、あまりにもかわいそうだから、嫁さんに「飼ってもええで?」って聞いたらOKをもらいまして、それからいつくようになって。あとは、毛並みがふわふわっとしてる「フワフワ」と、嫁さんが名付けた「ナナ」と「ハチ」というのがいます。それから高島で怪我してた子を引き取ってきてるんですけど、高島におったんで、「タカシマ」って名前です。

―――みんなどこかから貰われたり、拾ってきた子たちなんですか?

銀次郎。泉市長が帰宅した車の音が聞こえると、毎日お出迎えするそう。

泉市長: 銀ちゃんだけは買ってきた子で、保険をかけてるんですよ。保険に入るのに写真が必要で、保険会社に寝ている写真を送ったら「死んどるかもしれんので、目をあけとるやつを送ってください」と言われたことがあります(笑)。

みんなちがって、みんないい
人生を共に過ごした猫たち

―――7匹もいたらそれぞれにエピソードもあると思いますが、特に思い出に残っていることはどんなことですか?

泉市長:  そうですね、今いる7匹の前に飼ってて、一番長く生きたチビっていうのがいるんですが、チビは23年生きて。その頃、うちの親も選挙に出て、私も選挙があったんですが、チビが来てから連戦連勝。非常に堂々としたねこで、勝利の女神みたいでした。

―――リアル招き猫ですね!

泉市長:  それとタマ。引っ掻くわ、暴れるわで、かなり手間がかかって。14年飼ってたんですけど最後の方は腎臓が悪くなって、よく痙攣をおこしてたんですよ。ずっと看病してたんですが、私が市議会議員だったときに1泊2日の出張があって。その間、ものすごく調子が悪くなって「今日にも亡くなるかもしれん」と妻から連絡が。それなのに私が帰るまで待ってくれて、私の顔を見て、しばらくしてから亡くなったんです。それは今でもずっと覚えてますね。

「なる駅長」や「ムヤくん」
ねこが活躍する鳴門市は命を大切にする街でありたい

―――泉市長のねこ好きは政策にも影響していますか? 鳴門市はJF北灘さかな市の「なる駅長」や、「ムヤくん」が鳴門市公認定キャラクターとして『ゆるキャラグランプリ2017』に出場するなど、ねこがPRに一役かっていますが…。地域ねこの推進など鳴門市が政策として行っていることはありますか?

鳴門のレンコン畑では、カメが新芽を食べる被害があり、その犯人は大きくなって捨てられたミドリガメ!「夜店などで小さい時に買ったものと思いますが、飼い始めたら最後まで飼って欲しい」と話す。

泉市長:  政策としてやろうとしたら、猫が好きな人・嫌いな人、または「犬派じゃ」という人もいるので、打ち出しにくいところもあるんですが、とにかく「最後まで飼う」ことはお願いしたいと思いますね。責任を持って最後まで面倒をみる、命を大切にするということは、折々に伝えていきたいと思っています。

―――お時間頂き、ありがとうございました。今後とも人もねこも住みよいまちづくりを期待しています。

犬でも鳥でも命あるものをどれだけ大切にできるか、そのことを特に子供達に伝えたいと話す泉市長。「子供さんが小さいうちにねこや犬を飼うのは非常にいいこと。でも飼うんであれば、最後まで飼わないかん。できんのだったら最初からあきらめる方がいいのかもしれない」と真剣にお話される様子は、愛情深い泉市長の人柄を感じられました。ねこたちのためにも、今後、ますますのご活躍を期待しております!

BOAT RACE 鳴門 主催
ねこねこフェスティバル2018 in BOAT RACE 鳴門(にゃると)開催決定!


徳島県鳴門市の“ボートレース鳴門”で、来年1月14日(日)ねこ好きも、ねこが苦手な人もウエルカム!誰でも楽しめる、ねこイベント「ねこねこフェスティバル2018 in BOAT RACE 鳴門 〜食べて踊って、ねこと一緒!〜」が開催されますよ。ねこ好きのみなさん、1月14日は、BOAT RACE 鳴門に大集合ですよー!!

食べて踊って、ねこと一緒!ねこねこフェスティバル2018 in BOAT RACE 鳴門、1/14に開催

2017.11.02

1/14開催、ねこねこフェスティバル2018 in BOAT RACE 鳴門(にゃると)出店者発表!

2017.12.15
イベント公式サイト
BOAT RACE 鳴門 公式サイト
開催 2018年1月14日(日)9時45分〜16時30分
会場 ボートレース鳴門 1階 なるちゃんホール(メイン会場)
徳島県鳴門市撫養町大桑島字濘岩浜48-1
主催 BOAT RACE 鳴門
お問い合わせ
ねこねこフェスティバル2018 in BOAT RACE 鳴門 事務局 TEL 088-678-6005


ABOUTこの記事をかいた人

ほにゃけん編集部

ねこ大好きにゃん集部
ねこのことならなんでも、ゆるーく、ふわーっと追いかけます。ねこ情報、ねこのいるところならどこへでも。ねこにとって、ねこ好きにとって、より心地よい徳島を目指して活動中にゃ〜。