長すぎる片思い!?キャンパスボーイ 西浦直之さんとミーコ

吉本興業所属・徳島県で「住みます芸人」として活躍中のキャンパスボーイ・西浦直之さんのSNSを見ていると、時々茶トラ白のねこが登場します。

このねこ・ミーコは、飼い主の前にもめったに姿を現さない幻のねこなんです!?実は写真を撮るのもかなり苦労しているという西浦さん。そんな貴重な写真と共に、ミーコとのエピソードをうかがいました。

ペットを飼うのは芸人の憧れ!?

―――ねこ好き芸人といえば、チュートリアルの徳井さんが有名ですが、芸人さん同士で、ねこ自慢をすることはあるんでしょうか?

若手芸人は金銭的な問題でペットが飼えないので、実家で飼っている犬や猫の写真を見せあって「かわいいね」みたいなことはありますね。徳井さんとかがテレビでねこを飼っている話をされると、羨ましいなと思います。

この写真からさぞかし、ラブラブかとおもいきや…。

―――それでは、西浦さんのツイッターとかに出てくる茶トラ白のねこちゃんも実家で飼っているんですか?

西浦さん: そうです。僕が高校生の頃から飼ってて、ミーコっていいます。いまだに全然懐いてくれなくて、僕が実家に帰っても、ほとんど布団の中にいるんで、無理やりちょっかい出してます。向こうからしたら「なんや、コイツ」って思っているんちゃいますかね。

―――高校生の頃から飼ってるってことは、もうだいぶ歳いってますね。ミーコちゃんは何歳のおばあちゃんねこなんですか?

西浦さん: ……ミーコって名前ですけど、雄なんです。

親戚の家で生まれた何匹かの子ねこの中でも、見た目は一番かわいかったというミーコ。

西浦さん: 最初から雄ってわかってたんですけど、ミーコって名前しか思いつかなくて。だからおじいちゃんねこですなんです。歳は、人間なら70歳くらいですかね?実家におる頃はよー噛まれました。去勢する前、さかりの時期は特に大変で、吠えるは噛みつくは、引っ掻くは…。家中ガリガリやるんで、ねこを飼うなら柱1本ダメになるんは覚悟した方がええですよ。

―――茶トラ系は天真爛漫で甘えん坊が多いといわれてますけど、この子は例外ですね。

芸人を目指して養成所へ
ミーコが送った意外なエール!?

―――これまでに一番思い出に残っていることって、なんですか?

西浦さん: 高校を卒業して吉本の養成所に入るときのことですかね。大阪に引っ越すことになってダンボールに荷物を詰めていた時、ミーコがダンボールにおしっこし始めて。コイツなりに『大阪へ行くなよ!』ってメッセージなんかなって。


―――荷造りを邪魔されてもそんな風に思えるなんて、相当な溺愛っぷりですね。

西浦さん: すり寄ってくることなんかほとんどないのに、これも照れ隠しかなと思って、ちょっと嬉しかったです。

―――相方の清水さんはミーコに会ったことはあるんですか?

西浦さん:   1回だけ実家に泊まりに来たことがあったんですけど、ミーコが寝てるベットで寝ようとして、足を入れたら噛まれました(笑)。でも、そこまで近寄れたのは奇跡です!基本、むちゃむちゃ人見知りで、お客さんが来たときはタンスの奥底に隠れて、帰るまで絶対出て来ないですから。

―――ところで、キャンパスボーイは定期的にお笑いライブとかをしているんですか?

西浦さん: ライブはね、定期的にはやってないんですよ。でも最近『なると新喜劇』っていうのをやってて、そのイベントの流れで一本ネタをやったりしています。この『なると新喜劇』っていうんがオモシロいんですよ。出演者もうちの相方以外オール徳島!吉本新喜劇のセットを借りて、台本の新喜劇のものを阿波弁でやってます。

阿波弁に翻訳するのは、ずばり!タコ介さん。タコ介さんが鳴門出身なので、若干、県北なまりの阿波弁になるそう。

―――オモシロそうですね~。次回はいつやるんですか?

西浦さん:  直近では12月20日(水)13時30分~板野町役場 町民ふれあいプラザでやります。観覧無料です!ぜひ見に来てください。

なると新喜劇

開催 2017年12月20日(水)13時30分~
会場 板野町役場 町民ふれあいプラザ 板野郡板野町那東大道下10
観覧 無料
※板野町の教育委員会 老人学級の鑑賞会ですが、受付で「ほにゃけんを見た」といえば観覧OK。