ネコードの世界#2「タイトルにねこ」

ほにゃけんをご覧の皆さん、こんにちは。
レコードとねこが大好物の“やまのぼる”です。ねこにまつわるレコードを紹介するネコードの世界。

第2回のテーマは「タイトルにねこ」です。

第1回では「ジャケットにねこが写っているネコード」をご紹介しましたが、今回は「曲のタイトルにねこが入っているネコード」をご紹介します。

女優が歌う華麗なるネコード

まず1枚目はこちら。
「浅丘ルリ子のすべて 心の裏窓」(浅丘ルリ子)です。

浅丘ルリ子の美しさ+横尾忠則のデザインの奇抜さで、ジャケットのインパクトが絶大な1枚なんですが、このアルバムの中に収録されているのが「シャム猫を抱いて」という曲。

華やかなボサノバのリズムに乗せて、シャムねこを抱いた浅丘ルリ子が、ラ~ラララ ラ~ラ~と歌いながら、来ない彼氏を待つという内容。曲の大半はラララしか歌っていないラララ ラブソングです。

オリジナルは1969年に発売されていますが、2007年にアルバムごとCD化されたり、ベスト盤にも収録されたりしてますので、聴いてみてください。

見た目は素朴 中身は巧妙な名ネコード

続きましては、こちら。「白猫」という曲が収録された
「ふたりのひとりごと」(中山千夏+佐藤允彦)です。

1枚目の浅丘ルリ子とは対照的な地味なジャケットながら、内容は最高。ジャズピアニスト佐藤允彦が作る一筋縄では行かない曲に、見事に乗る中山千夏の歌の上手さ。

「白猫」は、ホーンが入るロック調の曲ですが、途中で変拍子になったり、歌詞も変わっていて、とても面白い曲です。

こちらもCD化されていて、現在でも入手可能です。アルバム通して聴くと、朝~日暮れという、1日の流れのようになってますので、ぜひアルバムで聴いて頂きたいです。

静かで優しいカバーネコード

最後の1枚は、比較的最近の作品。
「遠くへ。前園直樹グループ 第二集。」(前園直樹グループ)です。

現在は、冗談伯爵という音楽ユニットで活動されている、シンガーソングライターの前園直樹さんが、以前に組んでいたグループの2011年の作品で、国産ポップスの名曲の数々を、新たなアレンジでカバーしています。

この中に収録されているのが「野良猫」という曲。静かなジャズ調の曲に乗せて、野良猫の心情を想った名曲で、オリジナルはダークダックス。

この曲以外にも、「星が云ったよ」(バーブ佐竹)、「夏なんです」(はっぴいえんど)、「夢であいましょう」(坂本スミ子)といった名曲のカバーばかりなので、リアルタイム世代には懐かしく、若い世代には新しく聴いてもらえると思います。こちらの作品も、CDで入手可能です。

前園直樹さんは現在広島在住で、広島のイベントなどにも出演されているようですので、気になる方は、検索してみて下さい。

次回は「グループ名にねこ」

以上、タイトルにねこが入っているネコードを3枚、ご紹介しましたが、気になる1枚はありましたか?次回は「グループ名にねこ」をテーマに3枚ご紹介したいと思います。それでは、また次回。

お知らせです!7月6日はネコード聴きに行こう!

ネコードがかかる催しを来週開催します!
徳島市富田町にあるbar txalapartaさんで、7月6日(木)の夜8時~0時頃まで、1人DJ会をやらせていただくのですが、その中でネコードタイムを設けます。ネコードタイムは夜9時~10時の間で、お客さんの集まり具合をみて始めますので、おネコダチと一緒にぜひ聴きに来てください。

やまのぼるズワールド

[日 時] 2017年7月6日(木) 夜8時〜0時頃
[会 場] bar txalaparta(バル チャラパルタ)
[住 所] 徳島市富田町2-18 ナルトビルB1
[入 場] 1,000円(1drink付)入場後出入り自由

\ 編集部もネコード聴きにいきますー!/


ABOUTこの記事をかいた人

やまのぼる

ネコードDJ
ねこと歌謡曲が好きな中年。趣味のレコード収集が高じて、クラブでレコードをかける人(DJ)をするようになり、週に一度は、徳島市富田町の「bar txalaparta」でレコードをかけさせてもらっています。