『明日はきっとうまくいく』写真家・沖昌之先生の新刊をご紹介!

めげたくなる日、落ち込んでしまう日……そんな日にそっと開くと、一生懸命で自由で、ちょっとヌケているねこ達がきっと元気にしてくれるーーーーー。ひと息ついて笑顔で頑張ろう!そんなメッセージがこもった一冊です。(紹介文より)

「必死すぎるネコ」の著者で、ほにゃけんブログ(「ぶっく」コーナー)にも以前ご登場いただいた、猫写真家・沖昌之(おき・まさゆき)先生の新刊が、2019年3月13日に発売となりました。もうお手に取っていただいた方もいらっしゃるでしょうか。連続したねこの写真。そこには色んなメッセージが添えられています。例えば…

しょうもないことで、怒られたりする。

まあ、怖い顔で怒るねこさん!ありますあります、人間にもこんな光景。左のねこさんはうなだれちゃって…上司に理不尽な怒りをぶつけられてるサラリーマンさんを想像しちゃいました。

いつもやる気に満ちているなんて、絶対ムリ。

こちらは、だるーんとしたお顔のねこさん。まさに読んで字の如く!表紙にも使われていて、編集部員的にはこのページがイチバン好きです♡だらしなく(?)伸び切った前脚と表情が相まって、もう本当に何もやりたくない感じ。この姿勢、マネしてみたい…。

それでも、たどり着けない場所なんて、多分ないんだから。

何かを目指して木登りねこさん。上目遣いな目線の先には何があるのでしょう…獲物?仲間?それとも…。

誰かに甘えたっていい。

モフモフねこさんに、こんな風に包まれてみたい~♪そうです、たまには誰かに甘えていいんです!家族、恋人、友達…自分のそばにいてくれる人たちに、思い切り甘えてみましょう。甘えることは、ハズカシイことじゃありません。優しく包み込まれた時の温かさや安心感…どれだけ癒され励ましになることでしょう。

だから、笑おう。

そして最後に、このねこさんのように大きく口を開けて、笑ってみましょう!いやなことも、しんどいことも、さみしいことも、笑えばどうにかなるかも知れません。だって、「笑う門には福来る」って言いますもん。そうしたら、明日はちょっぴりいい日になるかも?!

こんなふうに、写真とメッセージが上手く合っていて思わず微笑んでしまうページ、その時の自分の気持ちにピッタリ寄り添ってくれるような写真に出会えたときの「!」な感じ、この写真集一冊から、いろんな気持ちをもらえますよ。そしてどのねこさんも、カワイイカワイイ、ただただカワイイのです♡

「明日はきっとうまくいく」そんなことを言われても、ほんとかよ、って疑うのは間違いないし、うまくいかない明日もたくさんある。だって、人生はそんなに簡単じゃないから。でも、この本に出てくるねこたちに、ぼくは何年も励まされて、何度もシャッターチャンスをもらえたから、明日のために頑張ってこられたと思ってます。

沖先生は、著書の中でこのようにおっしゃっています。誰かのおかげで、何かのために頑張れるーーーーー。この本に登場するねこさん達が、みなさまの元気の素になりますように。

最後になりましたが、紹介しましたお写真等の提供にご協力いただきました、朝日新聞出版・アエラ編集部の大川恵実さま、大変感謝しております。ありがとうございました!

沖昌之(おきまさゆき)

猫写真家。1978年兵庫県生まれ。アパレルの会社で、宣伝用人物・商品の撮影担当を経て、2015年にフリーに。写真集に「ぶさにゃん」「必死すぎるネコ」「残念すぎるネコ」「俳句ねこ」(共著)「ひみつのひみつの猫集会」(共著)など。雑誌「猫びより」「AERA」で連載中。

Instagram:okirakuoki
Twitter:@okirakuoki
Facebook:沖昌之
ブログ:野良ねこちゃんねる。


ABOUTこの記事をかいた人

ほにゃけん

ねこ大好きにゃん集部
ねこのことならなんでも、ゆるーく、ふわーっと追いかけます。ねこ情報、ねこのいるところならどこへでも。ねこにとって、ねこ好きにとって、より心地よい徳島を目指して活動中にゃ〜。