『黒猫の夜におやすみ~神戸元町レンタルキャット事件帖~』著者・三國青葉先生インタビュー(前編)

『2019年2月14日に双葉文庫様から新刊「黒猫の夜におやすみ~神戸元町レンタルキャット事件帖~」を出していただきました。元町界隈を舞台に、記憶喪失の猫又(猫の妖怪・だけどイケメン)が大活躍するハートフルストーリーで、個性的な猫がたくさん登場します。また、猫たちが「自分の家族」を見つけるお話でもあります。徳島の猫好きの皆様にも是非お手に取っていただきたく、ご一読いただけましたら幸いに存じます。』

こんな素敵なメッセージと共に、ほにゃけん編集部宛てに小説家・三國青葉先生から直筆サイン入り著書をプレゼントいただきました。これは是非読ませていただき、取材もお願いしてみよう!と依頼したところ、ご快諾いただくことができ、編集部からの質問にお答えいただけました。

 

 

ーーー作品、大変面白く読ませていただきました!まずは月並みですが、作家を志されたキッカケを教えて下さい。

三國青葉先生(以下:敬称略): 大学院生の頃、田中芳樹先生の『銀河英雄伝説』という作品に大変はまって二次創作をやっておりました。その時に、自分が書いたものが他人にウケるという経験を初めてしたのですが、それがとてもうれしくて、物を書くキッカケになりました。大学(お茶の水女子大学)のSF研究会にも『銀河英雄伝説』が縁で入会(うちのSF研は卒業しても誰も退会しないので、今もOGとして籍があります)しました。その後、SF研の部誌『COSMOS』に書いた短編をお読みくださった巽孝之先生(アメリカ文学研究者・慶應義塾大学教授・SF評論家)が、「プロとしてやっていけると思うから書きなさい」とおっしゃってくださり、作家を目指すようになりました。

ーーーこの作品を執筆しようと思われた経緯は?

三國:市原悦子さんが主演されていたドラマ『家政婦は見た!』の猫又版(レンタルキャットに行った先の家族の問題を猫又が解決する)はどうだろう?と考えたのが最初です。また、私の飼い猫『ごっち』(後編に登場)が保護猫だったこともあり、保護猫がレンタルキャットで自分の家族を見つけるお話にしようと思いました。そして、担当編集者さんがどこか具体的な場所を舞台にとご提案くださり、昨年小学館文庫のキャラブン!から刊行していただいた『学園ゴーストバスターズ』『学園ゴーストバスターズ 夏のおもいで』では徳島を舞台にしていたので、今度は神戸にすることにしました。

ーーー先生は神戸のご出身ですものね。現在は徳島にご在住で、徳島が舞台の小説もお書きになっていますが、徳島にはどんな印象をお持ちでしょうか?

三國:徳島は母の実家があり、子どもの頃から夏休みなどに帰省していて、自然が豊かで楽しいことがたくさんある特別な場所でした。大人になって住むようになって新たに感じることは、地元の方々がみなさんとても優しいこと。気候や風土も相まって、『のんびり、まったり』に癒される日々です。食べ物もおいしいし、すごく生活しやすいです。住み始めた当時は東京に戻りたいと思っていたのですが、魅力いっぱいの徳島に、あっという間に土着してしまいました。

ーーー神戸と徳島の猫に何か違いはありますか?たとえば、神戸の猫は物語にも登場する黒猫・ナイトみたく「シュッとしてる」猫が多い、みたいな(笑)

三國:神戸の猫と徳島の猫の違いは、どうでしょう……。あまり変わらないような気がします。神戸の猫と言えば、先日読者の方が『黒猫の夜におやすみ』に登場する神戸のスポットを巡ってツイートしてくださったのですが、第1話に出てくる走水(はしうど)神社に黒猫がいたそうで、「わあ!ナイトだ!」と、すごくテンションが上がってしまいました。

ーーー舞台が神戸元町駅という、かなり限られたエリアとなっていますが、この場所には何か特別な思いがあったのでしょうか。

三國:子どもの頃家族でよく三宮や元町へ『お出かけ』をしたので、楽しい思い出がたくさんあります。三宮のセンター街から元町商店街を買い物や食事をしながらぶらぶら歩き、元町商店街の西の端まで来ると、西元町駅から電車に乗って帰宅します。もう少しここにいたいなという寂しい気持ちと、楽しかったという気持ち、家へ帰るのだとほっとする気持ちなど、いろいろ入り混じって……。今でも思い返すと胸がきゅっとする特別な場所です。

 

ほにゃけん編集部員も、個人的に神戸元町が大好きでよく行くのですが、物語中の実在する風景とリンクさせることが出来て、より一層楽しく読むことができました♪後編では、三國先生がこの本に込められた思いや、続編についてお話を伺ったほか、愛猫の『ごっち』ちゃんにも登場していただきます!

三國 青葉(みくに あおば)

小説家。神戸市出身、徳島県在住。お茶の水女子大学SF研究会OG。時代劇オタク。2012年第24回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し「かおばな憑依帖」(新潮社)でデビュー。他に「忍びのかすていら」(招き猫文庫)「学園ゴーストバスターズ」「学園ゴーストバスターズ 夏のおもいで」(ともに小学館文庫キャラブン!)「心花堂手習ごよみ」(時代小説文庫)など。
Twitter
Facebook


ABOUTこの記事をかいた人

ほにゃけん

ねこ大好きにゃん集部
ねこのことならなんでも、ゆるーく、ふわーっと追いかけます。ねこ情報、ねこのいるところならどこへでも。ねこにとって、ねこ好きにとって、より心地よい徳島を目指して活動中にゃ〜。